台湾マンゴーの季節です!

台湾マンゴー



台湾マンゴーの季節です。

夏といえばマンゴー!
美味しいマンゴーの季節です。

マンゴーにもいろいろ種類がありますが、アップルマンゴーはとにかく甘くて美味しい!

先日台湾の友達に送ってもらったマンゴーは、日本輸入向けのちょっと贅沢なマンゴーでしたが、台湾に行ったら、果物やさんに1個80円ぐらいであるのでも十分美味しいです!

今年は特に天候がよかったので、いいマンゴーがとれてるみたいです。

さて、そんなマンゴーの(上品な)食べ方は、真ん中を避けるように切ってから、ななめに切って、パカっと真ん中をおしあげてフォークでいただく。というものですが・・・

さらに贅沢な食べ方として皮だけ全部むいてしまってばくっと食べるという方法があります。

マンゴーの汁はたれるし、ものすごくベッタベタになるので流しのところでいつでも洗える状態で食べるのがベストです。

とにかく、丸ごとマンゴーは甘さが口いっぱいに広がって至福のひとときを送ることができます。

ただ、そのままマンゴーの汁をつけておくとポツポツとできものができるので注意しましょう。

マンゴーの汁をつけてそのまま寝てしまった友達は、かゆくなって大変だったようです。

美味しい台湾マンゴーの食べどきは?

マンゴーの外側が赤くなってきて、独特の甘い香りがただようになります、そこでぐっと我慢すると、さらに、果物の皮全体が艶やかになって、宝石のようなきれいな赤色へと変色していきます。

指で押すと桃のように柔らかくなっています。

さぁ今!今が食べどきです!
さっさと冷蔵庫で冷やして、美味しくいただきましょう。

台湾マンゴーの保管の仕方

台湾マンゴーのおいしさが倍増する体験的保管方法としておすすめしたいのが、冷蔵庫の野菜室での保管。

果物やさんは常温に置いてありますが、真夏のあの暑い時期は香りに虫がよってくるし、何より痛みやすいので、冷蔵保存が無難だと思います。

冷えておけばいつでもおいしいマンゴーを食べることができます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする