台湾観光 7月8月の服装

台湾観光 8月 服装



台湾観光 夏の服装

日本も暑いけど、この時期の台湾、暑いっていうか痛いです。

立ってて3秒で汗がジワリと噴き出してきます。
なのに、部屋の中は極限に冷やしているので、寒い!

だから、服装も結構通気性があるものでも、ちゃんと寒さ対策もしないと体調悪くなって観光どころじゃなくなります。

ポイントは、脱ぎ着しやすい服で行くこと。
そして上着はきちんと持って行くこと。

また、この時期台湾観光する上で注意したいポイントを3つにまとめて紹介します。

台湾観光で注意すること:水を必ず持ち歩くこと。

のどが乾く前に、水!
外に出たら、熱中症対策は、自分のためにしっかりと。
定期的に水をとってくださいね。

ある程度ホテル(ユースホテルじゃないホテル)であれば、水が必ず2本ぐらい毎日無料で用意してあります。
ぜひともその水を利用してください。

また、コンビニの水は冷たい水と常温の水が買うことができます。

お茶ももちろん売っています。
ただ、台湾のお茶は、甘いお茶があったりするので、注意してくださいね!

(日本のお茶もあるけど、一般の台湾のお茶よりも20円〜40円ぐらい高いです。)

台湾観光で注意すること:雨対策も!

この時期、結構な頻度で、夕立に遭います。そして、日本以上に激しいです。

普通の靴だと完全に濡れてしまうので、サンダルなどをバックにしのばせておくか、むしろ歩きやすいサンダルで行ってもいいかも。

長靴履いている人、ほぼいません。

台湾観光で注意すること:暑さ対策もしっかりと!

日本以上の暑さで太陽が痛い。

帽子をかぶるか日傘で暑さ対策を!
ちなみに帽子をかぶっている台湾の人ほぼいません。

だから、帽子かぶってたら、日本人かな?と思われるかも。

台湾の駅の地下のお店には、雨傘と、日傘兼用の傘があるので、もし持ってなかったらとりあえず買っちゃいましょう。

友達通しで何本かまとめて買う場合は、おまけして〜!ってとりあえず言ったらおまけしてくれるかも。

ちなみに、台湾は10月ぐらいまで暑いので、10月ぐらいまでは台湾観光はこの服装でいいかもしれないです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする